かんざし宮北
| かんざし宮北のブログへ MIYAKITA'S BLOG | フェイスブックページへ Facebook | ツイッターページへ twitter | English | 日本語 | Français |

ホーム  >  ご案内  >  かんざしのお手入れ

ご案内








かんざしのお手入れDaily Care

宮北のかんざしは、世代を超えて長くお使い頂けるかんざしです。
いつも綺麗な状態でお使い頂くために、かんざしのお手入れ方法をご紹介致します。
こちらで取り上げるお手入れの方法は、かんざし宮北のかんざしに限ったお手入れ方法です。一般的にはメッキがかけられた商品が多くありますので、かんざし宮北の製品とは、お手入れ方法が異なります。

1.日常かんざしのお手入れ

日常かんざしは、強度があって美しい、毎日お使い頂ける究極のかんざしです。
毎日のお手入れは、とくに必要ございません。毎日お使いいただく事で、表面も磨かれ、お客様に合った特別なかんざしに変化いたします。

中性洗剤で洗えます

水洗い、または、中性洗剤を使用して、手や柔らかいスポンジ等で洗ってください。研磨剤入りのクレンザー等のご使用は、絶対にお止めください。また、中性洗剤は、リンス成分のない洗剤をご使用下さい。

表面の小キズの除去

毎日使用しておりますと、どうしても細かなキズが表面に付いてきます。その場合は、市販の貴金属用研磨剤を使用して1カ所に強い力を入れず、全体をやさしく磨いて下さい。

貴金属用研磨剤を使用された後は、必ず中性洗剤で綺麗に薬剤を除去して下さい。

打ち傷の除去

堅い貴金属を使用していますが、より堅いものに接触しますと打ち傷が付きます。その場合は、市販の貴金属用研磨剤で磨いて頂けますと、浅い傷の場合は、傷が目立たなくなる場合もございます。
(※長時間の研磨や、強い力での研磨は、角を落としてしまったり、変形の原因となります。)

「かんざし宮北」では、有償にてクリーニングも行っておりますが、お時間も掛かりますので、何年もご使用された後、お嬢様に譲られる際などに、洗浄クリーニングをご利用いただければ良いと思います。

極度な変形について

落下などにより極度な変形に至った際は、安易に元に戻さないで下さい。何となくは戻るかも知れませんが、かんざし宮北のかんざしは、どれも三次元の360度造形をしておりますので、偶然に元の状態に戻る事は、絶対にありません。
また、無理に戻されると、割れを起こす事もありますので絶対に行わないで下さい。
変形した形を戻さずに、かんざし宮北のお直しクリーニングをご依頼下さい。


2.飾りかんざしのお手入れ

飾りかんざしは、美しい装飾と、実用的な強度を重視してお作りしております。
多彩な造形をしておりますので、日常かんざしとお手入れは異なります。

洗浄は水洗いで

水洗いは構いませんが、中性洗剤をご使用される場合は、使用上の注意をお読みいただき成分などにご注意ください。
貴金属のボディーには影響はありませんが、使用している宝石に対してご注意下さい。

超音波洗浄機は、宝石には厳禁

市販の超音波洗浄機のご使用は、宝石をセッティングしていないかんざしでは可能ですが、自己責任にて行ってください。
宝石がセッティングされているかんざしには、絶対に使用しないで下さい。宝石にとって良い影響は出ません。最悪、破損してしまいます。ダイアモンドの場合も、超音波洗浄機は使用しないで下さい。

貴金属用研磨剤は、なるべく使わない

貴金属用研磨剤は、なるべくご使用しないでください。足部などピン傷が気になる場合に限り、足部だけに限定してください。その際は、タオルなどではなく、メガネ拭きなどの専用布をご使用下さい。タオルのパイル編みが細かい装飾に引っ掛かり、変形を招く場合がございます。

一般の貴金属店でのクリーニングは厳禁

美しさを求めるために、繊細な加工を多くしてあります。クリーニングには、かんざしを仕上げる以上の技術を必要とします。高度な技術の製品には、相応の高度な技術のクリーニングが必要です。また、かんざし宮北の製品は、360度の立体造形を行っておりますので、クリーニングは必ずかんざし宮北へお出し下さい。
クリーニング料金を、低価格に設定させて頂いております。
クリーニングをお考えの際は、かんざし宮北の洗浄クリーニングにお出し下さい。
ご納得頂ける美しい状態を、取り戻すことが出来ると思います。


3.ご依頼品のお手入れ

ご依頼によるかんざしは、美しい装飾を重視してお作りしております。
純金、純銀、宝石等も使用しておりますので、ご使用はもちろんですが、お手入れの際は特にお取り扱いにご注意ください。
ぶつけたり、お手入れ中に曲がったりと、変形の原因となります。
ご依頼品が届いたお客様は、付属の「簪のお取り扱い」、「ヘアメイク様へのお願い」を必ずお読み下さい。

ご使用後のお手入れ

かんざしをお使い頂いた後は、必ず柔らかい綺麗な布で、全体を優しくお拭きください。指紋等の油が、後に汚れとなり目立つ場合がありますので、丁寧にお拭き取りください。
(※強い力での拭き取りは、商品の変形につながりますので、お止めください。)

拭き取り後は、付属の袋に入れ、木箱にお戻しください。
(※木箱から出しておきますと、落下などによる損傷につながりますので、必ず木箱にお戻しください。)

許可しているお手入れは上記だけです

高度な技術で制作されておりますので、上記以外のお手入れは、禁止させて頂いております。
各種クリーニングをご用意しておりますので、お手入れは、かんざし宮北にすべてお任せ下さい。

特別な洗浄クリーニングをご用意

丁寧なお取り扱いと、布で拭くのみのお手入れを強いておりますので、ご依頼品をお持ちのお客様には、一点につき1年間何回ご利用頂きましても5,000円の特別な洗浄クリーニングをご用意させて頂いております。
毎年ご契約頂かなくても構いませんので、お手入れの一切は、かんざし宮北にお任せ下さい。


致命的な変形を伴わない商品への傷は、かんざし宮北では、思い出の傷ではないかと思います。
研磨クリーニングお直しクリーニングなどで全て取り除くことは可能ですが、その際には、かんざし全体の細かなニュアンスが変わってしまう可能性がございます。
出来る限り、洗浄クリーニングにて綺麗にさせて頂いております。







飾簪 かんざし宮北
Copyright © Miyakita.jp 2012-2015 All Rights Reserved.