かんざし宮北
| かんざし宮北のブログへ MIYAKITA'S BLOG | フェイスブックページへ Facebook | ツイッターページへ twitter | English | 日本語 | Français |

ホーム  >  インターネットでの販売  >  特製の桐箱

インターネットでの販売








宮北の製品には特製の桐箱桐の特製木箱
Paulownia box of special

宮北の桐箱

宮北特製桐箱Wood box made of paulownia

かんざし宮北では、すべての商品を特製の桐箱に入れてお渡ししています。
梱包に無駄なお金を掛けているわけではありません。
桐箱が大切なかんざしを、末永くお使いいただく為の最善の方法だからです。

スペース
木箱を標準にした理由

木箱を標準付属にした理由

かんざしの利用頻度がいかに多いとしても、お使いにならない時間のほうが長いのです。
そして頻繁に使って頂けると言うことは、箱から出し入れする機会が多いということです。
また、移動させる際に箱に入れていないと、突然の衝撃で変形してしまう可能性があります。

軽くて持ち運びやすく、衝撃を受けてもしっかりと守ってくれる箱、しかも長期間です。
きれいな紙箱やプラスチックケースも沢山ありますが、このような条件をクリアーするのは、やはり自然素材の木箱なのです。

桐を使う理由

古くから桐が一番と言われるには理由があります。
桐は、他の木材よりとても軽く、国内で一番軽い素材です。軽いというのは、水分が少なく空気を多く含んでいると言うことです。
船箪笥では、いざという時に水に浮くようにと桐が使われ、家の箪笥でも、桐の特性から、火災の際も表面だけが焼けて中のものを守ることができ、湿度の変化にも対応して、箱の中の湿度を一定に保つと言われ桐が用いられています。
桐は大切なものを仕舞うには、欠かせない素材なのです。
桐を使う理由

桐箱をいつまでも良い状態でお使い頂く為に

直射日光、多湿を避ける

桐箱がいくら優れていても、自然素材です。着物と同様に、保管は湿気の少ない場所をお選び下さい。

水で濡らさない

カビ発生の原因になります。濡れた場合は、一日ほど日陰で乾かしましょう。

桐箪笥で保管する

桐箱が優れているのと同様に、桐箪笥はとても優れた最適な収納場所です。


かんざしをいつまでも良い状態でお使い頂く為に

拭いてから仕舞う

ご使用された後は、ヘアスプレー等が付着しています。水洗いもできますので、汚れていないように見えても必ず拭いてから仕舞いましょう。

桐箱で保管しましょう

複数のかんざしを並べられてお仕舞いになる方がいらっしゃいますが、出来るだけ付属の桐箱で保管して下さい。

持ち運ぶ際は、桐箱に入れる

美容室へ、旅行先へかんざしを持ち運ぶ際は、桐箱に入れてお持ち下さい。お着替えの予定がある場合は、桐箱をお持ちになりお出かけ下さい。

詳しくは、かんざしのお手入れをご覧下さい。




日常かんざしへ


飾りかんざしへ






飾簪 かんざし宮北
Copyright © Miyakita.jp 2012-2015 All Rights Reserved.