loading

 吉丁(よしちょう)

宮北の新しいスタンダード
 クラシックモデル第一段の登場です

歌川国芳 大願成就有ヶ瀧縞

伝統の形「吉丁」

浮世絵などにも多く見られる吉丁。
シンプルに耳かきだけが付く、古典かんざしの代表のようなかんざしです。
このかんざしの良さは、シンプルゆえの使いやすさです。挿す場所や、本数の制限まであるなど、かんざしの基本のようなかんざしが吉丁です。

画像は、「歌川国芳 大願成就有ヶ瀧縞 金太郎鯉つかみ」より抜粋で、鼈甲の吉丁が一本と、飾りの付いた銀製の吉丁が一本使われています。

吉丁について

吉丁とは、花魁などに見られる前差しにする簪(かんざし)の先端に耳かきが付いたシンプルな簪です。
幅を持たせた鼈甲製や、細身に仕上げられた金属製が多く見られました。
耳かきは、当初は実用として付けられていましたが、時代が下がるにつれて、装飾として簪の先端に付けられるようになりました。江戸は丸型、上方は角型と言われています。
吉丁は、一般では既婚の女性が左差しに付けた簪と言われ、花魁は数多く挿すことで人気を表したようです。吉丁、芳丁と表記がありますが、宮北では吉(きち)の字をを当てた吉丁を使っています。
宮北では、加賀藩金沢で製作しておりますので、江戸の丸形でお作りしています。

進化した宮北の吉丁

江戸時代の日本髪用では20センチ以上の吉丁も使われていましたが、現在はサイドのボリュームを抑えるシニヨンや、セットアップが主流ですので、その様な長さは必要ありません。

宮北の吉丁は、後ろ差し用で、足部で8センチ強、全体でも10センチ強で仕上げます。
現在のヘアで前差しにすることは、まずありませんので、このサイズですと足も飛び出ず、一番使いやすい長さです。
全体も、小振りに仕上げていますので、小粋な感じに使いやすい吉丁です。

かんざし
かんざし

品のあるシャープさをイメージ

耳かきだけが付くとてもシンプルなかんざしですが、宮北の吉丁は、細部にこそ美しさを求めました。
シンプルだから手抜きをしても良いのではなく、シンプルだからこそ、より丁寧に作り込まなければ美しくありません

品のあるシャープなイメージを大切に、耳かき部は曲面ですので、繋ぎはあえて角にして取り合いを際立たせ、表面はボディーからゆっくりと0.5ミリ程で落とし、裏面はストレートから30度のカットを入れて曲面へと繋ぎました。

クラシック
吉丁(よしちょう)は、飾りかんざしのクラシックモデルです。
宮北の考えるクラシックにつきましては、こちらのクラシックモデルについてをご覧下さい。

吉丁の詳細

商品名 吉丁(よしちょう)
タイプ クラシック
高さ 約10.5cm
約1.2cm
材質 SILVER 925
重量 約11g
価格 12,000円(税込 12,960円)
製作期間 即日〜1ヶ月程度(混み具合により異なります。)
追加装飾 可能(但し、価格は異なります。)
材質変更 可能(但し、価格は異なります。)
   参考 : 18金 62,000円前後(税抜)

吉丁  吉丁 12,960円(税込)

かんざし宮北より

「ご購入フォーム」とはしておりますが、作り置きの商品は、ほぼ御座いませんので、即購入とはなりません。
ですが、その分、「できるだけ軽く・・」、「少しだけ形を変えて欲しい・・」など、お客様のお好み、ご希望に合わせた製作にご対応させて頂いております。掲載されている製品とほぼ同じ形でしたら、料金の範囲内でご対応させて頂いております。
製作には、少々お時間が必要ですので、まずは、「ご購入フォーム」よりご相談ください。

関連の商品

吉丁 吉丁のご購入フォームOrder Form

・ご購入は、以下の「ご購入フォーム」からお進み下さい。
・送料は、国内一律600円です。
 3万円以上の商品をご購入のお客様は、送料無料とさせて頂きます。
・同一商品の複数購入は出来ますが、異なる商品のご購入は各商品ページごとに行って下さい。
・※マークの項目は、必須 記入項目です。
・クレジットカードでのご決済は、行っておりません。
 お支払いは、銀行振込、又は、ゆうちょ振込となります。
・下記内容を送信されましても、正式なご購入ではありません。
 改めまして、かんざし宮北より内容の確認と納期のご連絡をさせていただきます。

ご購入フォーム

せい
めい